「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

葬送のフリーレンどこが面白い?人気の理由や口コミ評判も調査!

葬送のフリーレンどこが面白い?人気の理由や口コミ評判も調査! エンタメ
Pocket

葬送のフリーレン!大人気アニメです。

大人気アニメの葬送のフリーレンのどこが面白い?といった質問や声が多く見られます。

私も、具体的にはどこが面白いのか?知りたいので調査してみようと思いました。

実際すごい人気なので、人気の理由や口コミなどの評判も同時に調査していきたいと思います!

「葬送のフリーレンどこが面白い?人気の理由や口コミ評判も調査!」と題して調査きていきますね!

 

葬送のフリーレンどこが面白い?

今回初めて読破もせずアニメもまだ見てない状態で、書きながら調査していこうと思っています。

正直ドキドキですが、どこが面白いのか?に徹底的にスポットを当てて初心者目線での調査レポをしていこうと思います。

結論から言うと面白いか面白くないかというと、面白くてそして沁みる。

これは私が年齢を重ねたオカンやからやとは思いますが、言葉の一つ一つが刺さって沁みます。

大切な人が亡くなった経験もあり思い出が大切であること。

目の前の大切な人との何気ない一つ一つが全て思い出になり宝物であること。

人の人生は有限で時間も限られており、いかに大切に日々を過ごすかが大切である。

普通に生活していると忘れがちな、普段の一つ一つを大切にすることを思い出させてもらえる。

一つ一つの言葉やシーンに沁みて感動しました。

中にはクスッと笑える面白いシーンもありますし、ギャグアニメのようにゲラゲラ笑える面白いところも一つもないわけでもなく面白い場面は何度かありました。

アニメのクオリティもすごく良くて、見入ってしまいました。

 

葬送のフリーレンは泣ける話が多い?

日々を大切に過ごしてほしいと、いくら親が子供に言っても伝わらないと思いますが、こうやって人気アニメが伝えてくれるのは、オカンの目線から見てもありがたいです。

そして、本当に命を時間を大切に日々を過ごしてほしいと思います。

正直、私はいろんなアニメや漫画をたくさん見てきましたが、葬送のフリーレンは今までとはちょっと角度が違うと思います。

冒険者の物語もたくさん見ましたが、伏線回収型は後々物語の後半であったり、続編や番外編だったりします。

ある程度時代背景や物語そしてキャラも分かった上で見ることが多く、全てが真っさらな状態で伏線回収していくような感じになっているところにワクワク感が止まらないです。

そういったところから見ると、面白いと言えます。

見た事ない角度から、見ていく物語。

ここまで年齢を重ねて色々見てきた私は、こんな角度で見ることが出来るなんて幸せだと感じました。

ほとんどの物語はラスボスを倒してハッピーエンドで終わりなので、その後ってどうなるんだろう?と、気になりながら想像する以外ありませんでした。

確かに、エルフやドワーフは人間よりも寿命が長い設定が多いので、その後が長いのは当たり前になります。

しかし、その後を描いた物語はなかなかありませんし、今後もどのような展開になっていくのか想像できず楽しみです。

 

葬送のフリーレン話題のシーンも紹介!

たくさんある話題のシーンの中で2つだけご紹介したいと思います。

アニメ第9話・10話で登場した「ヒンメルはもういないじゃない」「アウラ自害しろ」このワードがアウラ構文として話題になっています。

500年以上生きている強敵魔族の断頭台のアウラですが、アウラが持っているのは服従の天秤といい自身と対象の魂を秤にかけ、魔力の大きさを測ります。

魔力が弱い方を服従させる魔法アゼリューゼでたくさんの衛兵を服従させていました。

服従させていた首なしの衛兵たちがフリーレンと戦います。

そんな中アウラは、フリーレンに「前に戦った時は派手に吹き飛ばしていたじゃない」と回りくどい戦い方の理由を質問をします。

フリーレンは理由を「後でヒンメルに怒られたんだよ」と言いますが、アウラから「ヒンメルはもういないじゃない」と言われ「お前たち魔族は化け物容赦なく殺せる」と宣言します。

フリーレンは魔族を欺くために、師匠であるフランメより生涯魔力を抑えて過ごすように言われていたため、アウラからは魔力の少ないエルフだと思われていました。

そのためアウラはフリーレンが自分より魔力が少ないと判断し、アゼリューゼをフリーレンに掛けます。

魔力を抑えていたフリーレンの魔力は凄まじく、始めはアウラに傾いていた天秤がやがて魔力解放したフリーレンに傾き、アウラは自分の魔法に掛かってしまいました。

自分の魔法に掛かったアウラはフリーレンに服従する立場になりました。

フリーレンの魔族に対してのスタンスとして「魔族は言葉が通じない化け物で情け無用に殺す」としている。

そのため、今回のアウラ戦でも服従させて手元に置くわけでもなく、フリーレンが手を下すまでもなく「アウラ自害しろ!」と命じアウラは自結をした。

この話のくだりから、「〜〜はもう〇〇じゃない」「アウラ△△しろ」と何にでも使いやすいワードを使用して、 SNSでアウラ構文として広まっているようです。

アニメや原作が面白くて話題になっているからこそ、いろんな形で広まるんですね!

 

葬送のフリーレンの面白いシーンは?

もう一つは、アニメ第12話で登場した大きなハンバーグ!

このハンバーグは、ドワーフの戦士アイゼンが、仲間の誕生日に振る舞っていた思い出のハンバーグです。

ここで話題なのが、「頑張ったものは皆戦士だ!」のセリフと、大きく美味しそうなハンバーグです。

アイゼンの地方の風習で頑張った戦士を労うための贈り物で、アイゼンからの誕生日プレゼントだった。

今回はアイゼンの弟子シュタルクの誕生日に、服だけを溶かす液体の代わりとして、フリーレンより振る舞われた大きなハンバーグであった。

服だけを溶かす薬に関しては、フリーレン曰く、男は皆これを欲しがると聞いたのでこんな時のために持っていたのだという。

そのくだりも、面白いです。

 

葬送のフリーレン人気の理由や口コミ評判も調査!

面白いと思います。

物語の中に感情移入して吸い込まれていくような感覚を覚えました。

「頑張ったものはみんな戦士だ」

フリーレンでしか補給できない何かがある。

今までにない感じの物語で、毎回楽しみです。

金曜ロードショーで初めて見ました!
最近人気って聞いてたので見てみたらマジで最高じゃん!
続き気になる(o^^o)
まだみてない人は絶対見た方がいいと思います!!!

最近見始めたけど面白い!

前々から、知っていた作品なので、アニメを視てますますハマりました。
特に、フリーレンとフェルンの師弟(親子)関係は、視ていて、面白いです。

YOASOBIの曲を使ってるだけでもう勝ち組でしょう!

このようにいろんな口コミが多くあがっていたので絞るのが大変でしたが、名言系もすごく多かったです。

中には「作画崩壊してる」「内容が難しい」などの声もありました。

 

葬送のフリーレンはハマる人にはハマる!

ですが、かなりの少数意見で、大半は評判が良く「新しい!」や「ハマる」などの声が圧倒的に多いです。

人気の理由として考えられることは、魔王討伐後のエルフの物語であるところ、今までとは違うところから始まり、思ったより内容や言葉が深くて泣ける、バトルものではなくゆっくりと話が流れるのも心地良いようです。

声優さんも豪華キャストで、声優さんのファンの方々も注目していたり見たらハマったと言った言葉が多く、そういった面でも人気の理由ではないでしょうか!

やはり金曜の夜ということで、みなさんお疲れが溜まっているのかもですね。

そんな疲れた人々に沁みる言葉の数々、そして音楽もかなり高評価です。

オープニングテーマにYOASOBIさんの楽曲をエンディングテーマにはmiletさんの楽曲が使用されているところがまた高評価爆上がりのようです!

このように、調査すれば調査するほど期待値やワクワクが大きくなり、評判以上の作品だと痛感しました。

実際、原作の漫画に関しては第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞、その他色々な賞を受賞しており累計部数は1700万部を突破!(2023年12月現在)

社会的評価もすごく高い作品でした。

社会的にもSNSや口コミでも大人気で、評判も凄くいいことがわかります。

 

まとめ

いかがでしたか?

「葬送のフリーレンどこが面白い?人気の理由や口コミ評判も調査!」と題して調査してきました。

「葬送のフリーレンはどこが面白いの?」といった声はありましたが、ネガティブな意味ではなくて、どう言ったことろが見どころなの?と言った「どこが面白い?」だと思いました。

実際の人気の理由や口コミ評判も調査致しましたが人気は鰻登りで、口コミや評判もすごく高評価が多く注目度が半端ないと感じました!

本当に話題になっているのも納得です。

今後も葬送のフリーレン楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました