「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!

鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査! エンタメ
Pocket

鬼滅の刃柱稽古編のアニメがもう直ぐ始まります。

しかし、よく考えてみると柱稽古編の原作ではすごく短いような気がします。

どういった構成になるのでしょうか?

全何話放送されて、アニメ化どこまで放送されるのか気になりますよね!

ということで「鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!」と題して調査していきますね!

 

鬼滅の刃柱稽古編は短い?

鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!

早速ですが、結論から言うと鬼滅の刃の柱稽古編は原作コミックスではすごく短いです!

どれぐらい短いのかを調査してみましたので、細かく紹介していきたいと思います。

 

鬼滅の刃柱稽古編の原作漫画は何巻の何話まで?

鬼滅の刃柱稽古編の原作漫画(コミックス)では、128話から136話の全部で9話のみになります。

冊数で見ると15巻の三分の二から16巻の三分の一だけになります。

と言うことはコミックスの約一冊分と言うことになり、過去のアニメ化傾向から見るとすごく短いです。

あまりに短いので、もしかすると139話までの全部で11話分まで行くのか?

いずれにしても原作漫画はすごく短いです。

 

鬼滅の刃柱稽古編が短い理由は?

鬼滅の刃の柱稽古編が短い理由や短いと言われる理由は、三つ考えられます。

一つ目は、強い鬼との戦闘シーンが無いため。

二つ目は、強化訓練が今回の中心ストーリーであるため。

三つ目は、無限列車編よりも短いため短いと言われる。

この三つだと思います。

毎回強い鬼との戦闘シーンがメインの見どころで、アニメ化されている一番のポイントになっていると、私は思います。

しかし今回は、強い鬼が鬼殺隊を襲うシーンは原作ベースでは無いです。

アニメオリジナルで鬼殺隊が鬼がりをするシーンが含まれても、上弦の鬼と戦闘するシーンはありません。

過去の戦闘シーンのアニメ化されているコミックスの話数平均が、20話あり、アニメ化された戦闘シーンの話数は約7話あるため全く無いと考えるとかなり短くなるということになります。

もう一つ、強化訓練がメインとなる事についてですが、過去に煉獄杏寿郎が死去し、稽古を付けないという柱もいるため、稽古をつける柱自体の人数が少ないというところもあります。

本来なら現柱の人数は8人ですが、今回稽古をつける柱の人数は6人のみです。

ここでも、本当に単純な話となりますが、6話しか無いと考えることができます。

そして、何よりも無限列車編よりも原作漫画で比べると短いのが、一番わかりやすいかも知れません。

無限列車編は、原作コミックスでは54話〜66話で全部で12話ありました。

単純計算で3話短いです。

映画1本分にアニメ化された無限列車編の原作コミックス全12話よりも、今回の柱稽古編は3話短いです。

 

鬼滅の刃柱稽古編は重要?

そんな短い柱稽古編ですが、私としてはこれからの展開に欠かせない重要なストーリーだと思います。

柱稽古編の原作では各柱の修行を受けていく過酷なストーリーになっています。

しかしページ数はさほど無く、細かい詳細や背景、どれぐらいの距離感やスピード感覚などは漫画を読む人それぞれの主観に委ねられている感じがしました。

アニメ化される事によって、修行の中身の細かい詳細や背景の色合いから、スピード感まで細かく表現されてるかと思います。

修行一つ一つについても、原作よりももっとキツイことが伝わるように、さらっと流す感じにならないようにしてもらえる事を期待したいです。

何よりも、最後の決戦の時の集結力に繋がる、鬼殺隊員達の仲間意識や絆を紡ぐ為の必要不可欠な稽古の数々を、一つ一つの描写を大切に鑑賞したいと思っています。

 

鬼滅の刃柱稽古編は全何話でアニメ化どこまでか調査!

鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!

鬼滅の刃柱稽古編は全何話なのかについては、4月からと思いきや、5月からの放送開始となるので、期間から見ると春アニメは6月末までの放送が一般的なので、TOKYO MX等の初回が5月18日からと考えると全部で7週なので、7話までとなると思います。

鬼滅の刃柱稽古編は、初回は128話129話と過去の回想になると思われます。

刀鍛冶の里編の初回スペシャルでは97話の途中から101話までの約4話分でした。

鬼滅の刃の柱稽古編は全何話なのか?については、正直どれだけ伸ばしてもアニメは8話分ぐらいだと思います。

私としての希望は全部で11話で原作130話からは原作1話分でアニメ1話分もしくは、柱1人分で1話分ので制作してもらいたいです。

そして計算をしてみたところ、下記の通りになりました。

原作コミックスの128話から136話だった場合

130話から始まる柱稽古を原作1話につきアニメも1話だったら全部で初回スペシャルを併せて全7話になります。

全7話が一番濃厚だと思います。

柱一人につきアニメが1話ずつになった場合、音柱・恋柱・霞柱・蛇柱・風柱・岩柱2回・水柱の回想・蟲柱と珠世さんで全10回

原作コミックス128話から139話までだった場合

原作1話につきアニメも1話だったらプラス3話になるので、全部で初回スペシャルを併せて全10話になります。

柱一人につきアニメが1話ずつになった場合は10話プラス2話もしくは、最終回スペシャルで1時間から1時間半で全11話が、過去の傾向からいくとしっくりきます。

では鬼滅の刃柱稽古編はアニメ化は一体どこまでされるのでしょうか?

話の流れ的には、柱稽古のみの場合は原作コミックの136話までで、無限城編の直前まで行くとしたら139話までになるのではないかと思います。

これまで通りの原作30話分ぐらいをアニメ化されるとなると、という目線で調査してみたところ、なんと無限城編の猗窩座のところになるのです!

ここに私は興奮とテンションがマックスになりました!

あまり細かくネタバレしたくないので詳細は書きませんが、猗窩座のところが156話になるので丁度30話ほどになり、煉獄さんからの因縁のところが区切りになります。

私の希望としては、柱稽古編128話から続いて無限城編終わりの179話まで52話一気に1年ぐらいかけて放送してもらいたいな。

なんて夢のような妄想をしていますが、柱稽古のところは個々の柱の見せ場や、稽古がどんな感じでいかに厳しいのか、といったところを掘り下げて掘り下げてアニメ化してもらえたらすごく嬉しく思います。

 

鬼滅の刃柱稽古編テレビ放送日はいつ?

現段階でわかっている事は、初回は5月12日(日曜日)の23時15分より1時間スペシャルフジテレビ系列で放送されます。

TOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビは5月18日(土曜日)夜0時より放送開始となります。

 

鬼滅の刃柱稽古編の次は?

鬼滅の刃柱稽古編の次は、無限城編となります。

ここからがやたらと長いので、次は2クール連続もしくは、気になるところで終わってしまうと思います。

まず、今回の柱稽古編無くして、無限城編は有り得ないので今回の柱稽古編を楽しみたいと思っています。

なぜ、柱稽古編無くして次の無限城編に行けないのか?

ここからは私の勝手な感想ですが、鬼殺隊全体としての強化、そして仲間で乗り越える稽古だからこその仲間意識や団結力、そして信頼関係、無限城編への作戦など、最終決戦に向けての鬼殺隊員達の努力と苦労が見れるからです。

そして鬼殺隊の士気が高まる結果となっていきます。

ここの柱稽古編無くして、いきなり無限城編になったとしても、弱すぎる炭治郎達では戦えないし、応援したい気持ちになれないです。

 

まとめ

鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!

「鬼滅の刃柱稽古編は短い?全何話でアニメ化どこまでか調査!」と題して調査してみました!

かなり私の希望的観測満載になってしまいました。

どんな形にしても、何にしても楽しみ以外の何者でもないので、私は心身共に楽しみ尽くしたいと思っています!

鬼滅の刃柱稽古編の原作は短いですが、細部まで細かく柱一人一人のことまで、稽古の内容までアニメ化してほしいです。

全何話でアニメ化どこまで制作されるのか!

調査だけでも楽しかったので、今からワクワクして5月まで待ちたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました